【中学受験】<女子学院2017年受験>2週間前から合格発表まで一気読み!

どうも、怒りん坊パパです。

 娘っ子の2017年に受験したときの四谷大塚の最後の授業から、豊島岡女子の合格発表までの様子の記事をまとめました。

どのように過ごしたのか、参考になればと思います。

スポンサーリンク

四谷大塚最後の授業、修了式まで

 受験2週間前に息っ子がインフルエンザにかかったり、最後の学校別週テストが過去最低を記録したり、計算ミスが多発したりと穏やかならぬ状態でした。

 インフルエンザは予防接種などもし、最新の注意を払っていましたが、家族がインフルエンザになってしまい、焦りました。

 直前の過去問のデキは、本番に向けて、徐々に下がっていき、心配になっていました。

最後の学校別週テストでは、過去最低記録を更新し、愕然としました。

 インフルエンザで小学校が学級閉鎖となり、休ませるか悩んでいたことが、期せずして!?解消しました。

 計算ミス病が直前に発生!!

かと思えば、ゾーンに入れば、突き抜けることもありました。

最後の平日授業を迎えに行ったときは、感慨深いものがありました。

 修了証をみて、受験前に「頑張ったね、あと少しだね」と心の中でつぶやいていました。

女子学院受験、豊島岡女子受験と合格発表

受験前日、パパは眠れず、娘っ子はくぅかぁ。

女子学院の講堂で試験が終わるまで、落ち着かず、長い時間を過ごしました。

 自分の高校や大学の合格発表より、緊張しました。

 穏やかな日々が戻ってきました。

 ようやく、春がきました。

さいごに

 さて、いかがだったでしょうか?

今では考えられないくらい、感情の起伏の激しい2週間強でした。

 親がしてあげられることは全部したつもりでしたが、合格はしたものの、全部してあげることが最善だったかは、いまだによくわかりません。(オーバーワークさせていたのではないかという思いは、今でもあります)

 皆様により良い春がくることを祈っています。

↓少しでもお役に立てていましたら、ポチッとお願いします。次を書く燃料補給になります!

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました