【早稲田アカデミー】NN麻布の特待生(外部生)について

NN麻布 特待生早稲田アカデミー

どうも、怒りん坊パパです。

以前、NN麻布(前期)について、書かせていただきました。

そのとき、NN麻布(前期)の特待生の資格を得ることができました。

今回は、NN麻布の特待生(外部生)について、簡単に書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

NNの特待生

 早稲田アカデミーの特待生には、A特待生B特待生があります。

 A特待生は、授業料が免除B特待生授業料は半額になります。(入塾金は払います。一部の季節講習はA特待生でも費用がかかるようです)
 四谷大塚の特待生は、どこにも記載がなく、多分、ハードルも高いのですが、明朗会計の早稲田アカデミーは、(合格した場合、カウントされるでしょうが)わかりやすくていいですね。

NN麻布(前期)の特待生

 息っ子は、NN麻布(前期)の特待生Aの資格を得ることができ、NN麻布の午前中の授業のみ受講しました。

その資格は、4月に行われた麻布中オープン模試で得たものです。

 オープン模試の成績で5位以内に入っており、早稲アカの先生より電話を頂き、全ての授業に出席できないが、問題ないかと聞いたところ、OKだったので、受講することにしました。

特待生の有効期間は、前期の期間全てにかかっていました。

NN麻布(後期)の特待生

 後期ですが、7月、8月のオープン模試、10月の合格判定模試で10位台の成績をとっていましたが、NN麻布後期の入会のお誘いはあったものの、特待生のお声がけはありませんでした。

 後期は、四谷大塚の学校別対策コースがあり、そちらを休まないと全く受講できないので、通うことは考えていませんでしたが、教材をもらうためだけに入会するかどうかを悩んでいました。

 11月の麻布入試本番体験講座で受験したテストで10位以内の成績を取り、B特待生のお誘いがありましたので、教材入手を目的に受講することにしました。(入塾したのに教材配布だけでは・・・との配慮を頂き、FAXでの添削や個別指導を数回実施していただきました。)

 その後、小学6年11月の全国統一小学生テストで決勝大会出場となった際、電話を頂き、A特待生の案内を頂き、A特待生に変更となりました。

 全国統一小学生テストの成績で特待生があるとは知りませんでした。
しかし、早稲田アカデミーの先生は、外部生についても全国統一小学生テストの成績をチェックしているとは・・・すごい。
 あと、息っ子が四谷大塚の授業のない日に早稲田アカデミーの授業を受けに行った際、
 「決勝大会出場おめでとう!」
と声を掛けて頂き、こういうコミュニケーションが、早稲田アカデミーはすごくいいなぁと感じました。

NN女子学院の特待生

 おまけですが、娘っ子も一度、「NNアタック女子学院後期入会試験」で、5位以内の成績を取り、A特待生のお声がけを頂いたことがあります。

 娘っ子のときは、親子ともども、いっぱいいっぱいだったので、丁重にお断りさせて頂きました。(が、今思えば、教材だけもらうようにすればよかったですね。合格したので、結果オーライですが)

まとめ

 お声がけ頂いた内容から、多分、以下のような感じでしょう。

<推測>早稲田アカデミーNNの特待生の条件
  • A特待生:4~5位以内、もしくは、全国統一小学生テスト決勝大会出場
  • B特待生:9~10位以内

一生懸命勉強して、特待生で塾代の負担が軽くなるのは、嬉しいことですが、

「特待生を取れ!」

とプレッシャーをかけると、実力が発揮できなくなる可能性もあるので、資格がもらえたら「ラッキー!」くらいの感じがいいかもしれませんね。

↓少しでもお役に立てていましたら、ポチッとお願いします。次を書く燃料補給になります!

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました