【四谷大塚】開成 学校別対策コース(前期)、【早稲田アカデミー】NN麻布(前期)は行くべき?

四谷大塚

 どうも、怒りん坊パパです。
 どれくらい昔からあったのかはわからないのですが、2019年の息っ子の時代には、四谷大塚の開成桜蔭学校別対策コースが2月からありました。早稲田アカデミーは、4月上旬にNN志望校別コースの前期の入会資格審査試験があります。
 今回は、怒りん坊パパが前期の学校別対策コースに行くべきか悩み、結局、四谷大塚の開成桜蔭学校別対策コースに通えず、4月開講のNN麻布(前期)に少しだけ受講した経験をもとに、前期に通ったほうがいいかどうかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

【四谷大塚】開成 学校別対策コース(前期)について

 最初に四谷大塚の前期の学校別対策コースの話をします。

 息っ子の時代(2019年)の新学年に上がる前の保護者説明会資料に学校別対策コースで開成と桜蔭は2月から始まると記載がありました。麻布コースがないみたいなので、
 「もし、開成コースの資格がもらえたならば、受講を考えてみるかな?
と思い、保護者説明会の後、
 「2月から始まる開成の学校別対策コースの資格判定試験はいつあるんですか?」
と尋ねたところ、
 「学校別対策コース4月からになるので、合不合判定テストで判定になると思いますが、その際お声がけします」
と言われたので、2月1日は、娘っ子も休みのため、家族でスキーに行ってました。
 そして、2月の授業が始まると、同じクラスの何名かが前期の開成や桜蔭コースに通っているではないですか!?
 通っている人の話を聞いてみると、2月1日の開成桜蔭入試同日体験受験の結果で資格判定されたとのこと。
「えー」
と思い、違う先生に聞いてみると、やはり、 2月1日の開成桜蔭入試同日体験受験の結果で資格判定され 、受講開始しているとのこと。
 ヤラレました。。。
先生からは、
 「通常授業の内容がよくわかっていて、力が余っている生徒さん向けですので
と言われ、
 「うちの息っ子はまだまだなのか。。。」
と「うーん」と唸りたくなるようなお言葉をかけて頂きました。。。

「四谷大塚の歩き方」の鉄則ですが、
イベントや手続きなどは、不明点は必ず校舎長に聞くべきです。通常の担任の先生や事務の方?に聞くと、聞く人によって回答が変わります。講師の先生は、教えることに関しては優秀な先生が多いですが、事務関連はあまり得意でない人が多いと思われます。そのため、校舎運営を把握している校舎長に聞けば、その時点でわかる確実な答えが返ってきます
 また、そういうイベント自体の連絡が「遅れる/来ない」、「気付けない」ことを防止するために、インターエデュの四谷大塚の掲示板は定期的に見ておき、イベント等の情報を収集し、気になることがあったら、校舎長に確認するのがいいです。インターエデュ掲示板はいろいろな方がいるので、 怒りん坊パパは、情報取得(読む)だけにして、さらっと活用していました。

 話を元に戻します。
「開成入試同日体験受験をすればよかったかなぁ」とも思いましたが、家族でスキーを楽しめたことだし、確かにまだ通常授業でやりきれていないこともあるので、まあいいだろうと思うようにしました。

NN麻布クラス(前期) とは

 さて、NN麻布クラスですが、言わずもがな、「NN(なにがなんでも)麻布!」というコースです。本格的に開始されるのは後期からですが、前期は、

  • 4月から7月の日曜日のみ、月2回のコース
  • 麻布の入試問題の導入、基礎を身につける講座
  • 入会金は10,800円(現在は消費税アップで11,000円かな?)、月額20,200円
  • 入会資格は、4月上旬の「NN志望校別オープン模試」が入会資格審査試験を兼ねている

といった感じです。(2019年の情報です)

時間割

 授業は日曜日に朝から夕方まで3科目実施し、4月~7月で各科目6回分ずつあります。

  • 1時限目:9:30~12:00
  • 2時限目:12:45~15:15
  • 3時限目:15:30~18:00

 1日通してやると、かなり体力を消耗するようです。息っ子は、日曜日に四谷大塚の授業がない日、1日NN麻布の授業を受けましたが、通塾時間が長かったこともあり、疲れてました。

カリキュラム

 以下、前期のカリキュラムになります。カリキュラムをみると、麻布の問題の傾向を垣間見ることができます
 (なお、早稲田アカデミーの「麻布合格への道」という冊子より引用しています。)

国語
回数テーマ学習内容
第1回物語文導入記述全般の注意点/「心情」の記述
第2回物語文基本「心情」の記述の応用~<変化>と<対比>
第3回物語文発展「比喩表現」から人物の心情を読み取る
第4回象徴表現「象徴表現」から文章の主題を探る
第5回物語長文今までの授業内容をもとに物語長文の本格記述へ
第6回総合確認「心情」記述から「比喩」「主題」の記述までの確認
算数
回数テーマ学習内容
第1回麻生の「誘導性」を楽しむ①麻布算数の大きな特色である
「誘導性」を味わいます。
第2回平面図形特別角や正六角形など、
麻布算数の特徴的な問題を学習します。
第3回速さほぼ毎年出題のある速さに関して
学習します。
第4回麻生の「誘導性」を楽しむ②「誘導」にのって、一般化する方法を
考えます。
第5回数論数の性質や場合の数など、
再頻出単元である数に関して調べます。
第6回立体図形錐体や水槽に関する問題など
近年出題のある問題を学習します。
社会
回数テーマ学習内容
第1回日本の地理(1)産業ごとのポイントを記述問題で総整理
第2回日本の歴史(1)古代~中世までの単元の記述問題を学習
第3回日本の歴史(2)中世~近世までの単元の記述問題を学習
第4回日本の地理(2)地方別のポイントを記述問題で総整理
第5回日本の歴史(3)近代~現代までの単元の記述問題を学習
第6回日本の政治・経済日本の政治経済分野の記述問題を学習
理科
回数テーマ学習内容
第1回科学的な物事の考え方身近にあるものを題材として、
科学的な物事の考え方を
紹介していきます。
第2回生物の基礎演習植物や動物に関連するデータや
文章をもとに、考えて記述する問題に
取り組みます。
第3回物理の基礎演習力学・電気・運動などについて、
実験や観察結果をもとに
考えて解く問題に取り組みます。
第4回地学の基礎演習大地の変化・太陽と月・気象などの、
思考力を要求される問題に取り組みます。
第5回リード文から考える問題麻生の理科の特徴である、
リード文から根拠を見つけ答えを
導き出す問題に取り組みます。
第6回初見の問題に挑戦
(麻布そっくりテスト)
これまでのまとめとして、
まったく初めて見る内容について、
そっくりテスト形式で取り組みます。

テキスト

 各テキストの構成は、以下の通りです。基本、麻布の入試問題形式に沿ったテキストやテストになっています。理科だけが少しリード文が短いといったところでしょうか。

国語

 国語のテキストは、実際の麻布の入試問題形式の「問題」と「解答用紙」、「テキストの解説」となっています。

算数

 算数のテキストは、実際の麻布の入試問題形式の「確認テスト(大問2~3問分)」、「確認テストの解答」、テキスト本体は、これまた麻布の入試問題形式の「問題(大問8~9問)」と「テキストの解答」となっています。テキストの後半には、大問8~9問の同じ問題が解き直し用としてあります。

社会

 社会のテキストは、実際の麻布の入試問題形式の説明、各単元の説明やコラム、それとひたすら、記述問題があります。6回全部で452題ありました。

回数テーマ記述問題数
第1回日本の地理(1) 66
第2回日本の歴史(1)119
第3回日本の歴史(2) 73
第4回日本の地理(2) 62
第5回日本の歴史(3)115
第6回日本の政治・経済 17
理科

 理科のテキストは、「確認テスト(大問3~4問分)」、「確認テストの解答」、テキスト本体は、「問題(大問2~4問)」と「テキストの解答」となっています。理科だけは、麻布の入試問題のリード文より短い文章の問題が多く見られました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました