【中学受験】<女子学院>長かった大本命の受験当日

本番当日。

朝5時30分に娘っ子を起こし、R1ヨーグルトを飲ませ、朝ご飯。

豚汁にお餅2個入れて完食。

過去に間違った計算を1問やらせ、脳のスイッチを入れて出陣

電車の中で、何かテキストをみるかなあと思い、たくさん手持ちで持ったが、

「電車でやると、気持ち悪くなる。」

と言って、結局、電車では居眠り。

乗り換えた電車では、

食べ過ぎで気持ち悪い。

と言い出した。

「だいじょうぶかあ」

と心配ながらも遅れたくはないので、そのまま乗り続け、最寄りの麹町駅に到着。

駅のホームのベンチで2人座り、少し休む。

過去の良かった模試の結果や、塾の校舎内テストで1位だったときの賞状など、努力の証をお守り代わりに持ってきたので、ひとつひとつ見せ、自信をつけさせ、最後に先生のメッセージを読ませた。

気持ち悪いのもおさまってきたようだし、時間がだいぶ迫ってきたので、学校に向かう。

学校前で、塾の先生と握手し、保護者と別れる寸前の場所で、

「深呼吸してごらん!」

というと、

ものすごく短く、浅い呼吸を1回して終わらせようとしていたので、

「おい、だいじょうぶ?今の深呼吸じゃないよ。」

と何回か、本当の深呼吸をさせ、握手し、

「全力を尽くしてきな!」

と送り出し。

そこから、講堂でジッと待つ。

講堂の外で、ドリンクサービスがあったので、ほうじ茶を頂いた。

他の学校だと、ベンディングマシンとか用意してありそうなものだが、この学校では、家庭用ポットでセルフ。

基本、人で運用する感じ。それがまたいいのだが。

10人くらい保護者の呼び出しがあった。

どうも子供が携帯を持ち込んでしまったようだ。

そんなことがあると、子供は動揺してしまうのではないかと思い、娘っ子の番号が呼ばれないことを祈っていたが、呼ばれなかった。

試験が始まり、各科目が終わると、問題が講堂の外側に張り出されていた。

動揺してしまいそうなので、見ないようにしようと決めていたが、ほうじ茶を飲んでいるときに見えてしまった。

国語は長文が2問なので、時間が足りなくなることはないだろう。ことわざと漢字は、もしかしたら、少し取りこぼしているかも。

算数は、数と規則性っぽいものが2問あり、時間を食いそう。最初の方の角度の問題で引っかからなければいいが。それ以外は予想の範囲か。

社会は、最初の記述2題は、大人には簡単だが、子供は少し面喰らうかも。

 あと、挿絵の問題が出てるが、こんなの分かるのかあ?と不安がよぎる。

最後までみると、時事問題が一問もない。。。あんなにやったのに。

理科は、大問2問が娘っ子が苦手な地学と植物。一瞬、社会かと思わせる問題。うわぁって感じ。

全体的にヤラレタんではないかと思える。

面接が終わり、娘っ子が講堂に案内されてきた。試験の運営に多く生徒が関わっているようだ。

「お疲れさん!」

と声をかけ、

「面接どうだった?」

と聞くと、

「大きくハッキリ受け答えしたよ。」

面接では、志望動機など聞かれず、渡された漢字1文字から連想することを言いなさいとのこと。

娘っ子の漢字は「見」

娘っ子は、

「弟とテレビでニュースを見ていたのを思い出しました。」

「なんのニュースでした?」

「トランプ大統領のニュースでした」

と答えたとのこと。

試験の結果を聞くと、意外や意外、

「上出来!」

との回答。

明日の第1志望②の豊島岡もあるため、

「本当かぁ?」

という言葉を飲み込み、話を聞くと、算数は最後の2問以外、自信があるとのこと。

うーん、ゾーンに入ったのか、それとも過去に合不合であった

「できたと思ったら、計算ミスなどで30点以上失点パターン」

か?と頭の中で渦巻き、モヤモヤ。

国語は抜き出し2問が時間切れで、書けず。

社会は時間が1分余ったとのこと。

理科は、最後の2〜3問は時間がなくなり、当てずっぽうらしい。

全体的に埋めたらしいので、可能性はあるだろう。

娘っ子曰く、

「模試みたいな感覚で本番が終わってしまったなあ。緊張しなかったなあ」

と。

これは、

練習は本番通り、本番は練習通り

となっているのでは?

明日は、今日より偏差値の高い!?学校!!

家に帰り、過去問でバツが多かった

「物質の変化」

の予習シリーズをやらせて、21時半に就寝。

明日は、今日の合格発表もあるので、ママが付き添いで、パパは発表を見に行くことに。

あと一息だ、娘っ子!

↓少しでもお役に立てていましたら、ポチッとお願いします。次を書く燃料補給になります!

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました