【中学受験】<麻布2020年受験>2週間前から合格発表まで一気読み!

どうも、怒りん坊パパです。

 娘っ子の2017年に受験したときの四谷大塚の最後の授業から、豊島岡女子の合格発表までの様子を紹介しましたが、今回は麻布版です。

どのように過ごしたのか、参考になればと思います。

スポンサーリンク

NN麻布直前特講から四谷大塚最後の週テストまで

娘っ子の時と同様、直前の成績が下降気味になり、焦りました。

 息っ子、娘っ子、ともに不安定になるのは、たぶん、パパがオーバーワークさせたのが原因と思われますので、直前のコンディションは要注意です。

四谷大塚の学校別週テストは、比較的、最後は落ち着いていました。

 念願の国語の開眼。ギリギリ間に合ったようです。しかし、特訓から開眼まで、1年半年かかるとは。。。

ミスが多く、心配になり、早稲田アカデミーの先生に、見直しの必要性について、相談したところ、

「見直しは全速力で1時間近く走った後、1時間走った最中の落とし物を探すようなものなので、時間が余るなら見直しはいいですが、問題が全部できていない場合は、新しい問題に取り組んだ方がいい」

と言われました。

麻布、渋々、海城受験と合格発表

 本命当日の未明の地震緊急速報は、こたえました。子供が起きなかったのが、せめてもの救いでした。

 迷っていた前泊は、栄東でリハーサルし、息っ子の場合、枕が変わっても気にせず、寝れるタイプだったので、正解でした。

 渋々受験生の親は、ピリピリしている人が多いかもしれません。

最後の海城、受験会場に向かう道程で、年号暗記を確認すると、、、

共学の麻布版、渋々ですが、息っ子の年は、男子は、受験者数が減ったようでした。

何回経験しても、ドキドキ感は変わりません。

 過去問の相性がよかった海城中学。

さいごに

 さて、いかがだったでしょうか?

2度目の経験なので、段取りはわかっているものの、感情面のコントロールはやはり、なかなか制御できませんでした。

 特に息っ子の場合、良かれと思ってやったことが、裏目に出ないかがすごく心配でした。

 残り期間、悔いのないよう、コンディションを整えて、臨みたいですね。

↓少しでもお役に立てていましたら、ポチッとお願いします。次を書く燃料補給になります!

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました