【中学受験】2/2渋々受験当日

朝は5時半に起き、いつも通り、計算問題集4問をやって、出発。

有料特急で楽チンに試験会場へ。

8時前には、学校に到着。

受験票や、携帯の電源を切るのをチェックして、大人のラムネ!!を何個も食べさせて、眠気をなくさせた。はず。

深呼吸をさせ、娘っ子の時の浅い深呼吸と違って、しっかり深呼吸ができている。

最後にガッチリと握手をして送り出す。

いつも通りではあるが、ここからは息っ子がひとりで戦う。

狭い敷地ではあるが、要領よく受験生を在校生が試験会場へ案内していた。

暖かい飲み物も在校生の保護者がお手伝いをしてくれている。

心配性のパパは、心を落ち着け、毎度となる前向きになる動画をじっくり見て過ごす。

そうでもないと、大本命の出来が気になって心がざわついてしまう。

途中ウトウトしながら、試験終了時間。

狭い体育館で、先生方が受験生の待合せも機能的に指示してくれていたのだが、ちょっとイヤなこと発生。

保護者の子供を迎え待つ列にて、パパは混んでる中、通らせてもらおうとしたら、ある保護者のパパに肘鉄を食らわせられた。

また、別の場所で同じように通らせてもらおうとしていたママも2回も押されて弾き出されたり、突き飛ばされたりした。

こんなことされた学校は、今までなかっただけに驚き、志望校としての優先度にも影響が出そうなくらい。

少数派とはいえ、複数の保護者からこんなことされるとは。

相当苛立っているのかなぁ。

たまたまなのかなぁ。

ほどなく、息っ子が出てきて、拾って退散。

ちょっとイヤな感じが残った受験だった。

学校は素晴らしいけど、

「目指している生徒の親がなぁ」

とも思ったが、まあ、受かってもいないのに考えることでもないか。

昼飯を食べて、家に帰ると、海城の今年の2/1の社会の問題をみる。

麻布と同じで、衣服がテーマ。

理科も楽しそうな問題。

で、1日目の問題を夢中で解いて、寝るのがおそくなり、8時半になってしまった。明日5時起きなのに。

社会の出来事並べ替え問題が怪しかったので、年表暗記をやりたかったが、時間がないため、明日の電車内でやることに。

風呂に一緒に入っているときに

「渋々の理科は、苦手な植物と地学だったなぁ」

とパパの不安を増長させるコメント。

パパは不安要素を増やしたくないので、麻布と一緒で、試験の出来具合は、一切聞かず。

さあ、残り1つ!

気を抜かずに頑張ろう!息っ子

↓少しでもお役に立てていましたら、ポチッとお願いします。次を書く燃料補給になります!

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました